「韓国料理」冬にしか食べられない!アツアツ「タラ鍋」のレシピをご紹介!

「韓国料理」冬にしか食べられない!アツアツ「タラ鍋」のレシピをご紹介!

前回の「オンマの韓国料理レシピ」ブログ記事で、次回には、冬にしか食べれない、冬に一番美味しく食べれる!韓国の鍋をご紹介しようと思います。とちょっとした宣伝?をしました。♪

 

せりか

その韓国の鍋というのは、「タラ鍋(생태탕・センテタン)」です。

こちらのタラ鍋は、辛いのが好きな方は、スープを辛くもできて、今回ご紹介するタラ鍋のようにスープは白く、さっぱりした鍋にもできます。

★旅好き仲間★

お好みでスープの味を変えれるのは良いですね。

タラの柔らかな白身にさっぱりとしたスープの味は絶品です。

せりか
韓国では、二日酔いにもキク!ということで、酔い覚ましに翌日の二日酔い用としても人気の高い鍋でもあります。

 

今回は、そんな「タラ鍋(생태탕・センテタン)」のレシピをお届けします。

合わせて読みたい記事

「韓国料理」豆もやしたっぷり使った旨辛プルコギ炒め料理のレシピをご紹介!今回は、豆もやしたっぷり使った旨辛プルコギ炒め料理のレシピをご紹介します。[word_balloon id="1" size="M" position="L[…]

 

「タラ鍋(생태탕・センテタン)」レシピ

調理時間:20分〜30分

【材料】

タラ、真ダラ白子、生助子、ネギ、玉ねぎ、青唐辛子、大根、豆もやし、すりおろしニンニク、すりおろし生姜、お酢、ダシダ(ほんだし)、ミウォン(味の素)

【作り方】

①まずは、事前に野菜を切っておいたり、タラをきれいに洗っておきます。

ここでちょっとした料理のポイントタラを選ぶ際に、タラの頭が入っているものを購入するのをおすすめします。
その理由としては、魚のあたまから美味しい汁が染み出るからです。

もし!なかなか頭まで入っているのが見つからなかったら、魚屋さんや、スーパーで魚の担当している方に頭もほしい!というのを伝えてみるのもアリです。

ここでちょっとした料理のポイントきれいに洗っておいたタラに、お酢を1スプーンをかけて、まんべんなく優しくかき混ぜます。

そうすることで、タラの白身に弾力ができて身が引き締まり、味がより美味しくなるからです。♪

 

②大きい鍋に800mlのお水を入れて、先に出汁を出すために1cmくらいの幅で切った大根を入れて、火をつけ出汁を出します。

③鍋のお湯が沸騰してきたら、タラ、ネギ、玉ねぎ、豆もやしを一緒に入れて煮ていきます。

 

④それから、すりおろしニンニク、すりおろし生姜も一緒に入れて、味付けをします。

そして、ダシダ(ほんだし)、ミウォン(味の素)も入れて追加の味付けをしていきます。

 

⑤ある程度鍋が煮てきて、野菜もタラも煮えて、出汁も出てきたら、次に料理の仕上げに真ダラ白子、生助子、青唐辛子を入れます。

 

⑥ぷくぷくと最後にしっかりと煮たら、「タラ鍋(생태탕・センテタン)」の出来上がり。♪

ここでちょっとした料理のポイント鍋の最後にセリや春菊を入れるとより美味しく韓国の味に近い「タラ鍋(생태탕・センテタン)」を召し上がれます。

 

韓国のダシダ

 

 

韓国のミウォン(味の素)

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

唐辛子の粉末を入れて、旨辛タラ鍋にしたり、麺も入れて食べたり、キノコや豆腐などもお好みで入れるのもオッケーです!

 

肌寒くて、今の時期にぴったりの鍋になります。

肌寒いときに暖かい食べ物を思い出したら、ぜひおうちで韓国のタラ鍋を作って食べてみてください!!

 

Let’s go 食べに tabi〜!✈︎❤︎

 

ブログランキング参加中


人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

最新情報をチェックしよう!
>Let's go tabi~! 旅にでよう♪✈︎

Let's go tabi~! 旅にでよう♪✈︎

旅好き・食べるの好きな韓国生まれ女子による
韓国情報/韓国ママによる韓国おうちごはん料理レシピ/海外旅行情報や役立つ情報★

CTR IMG